20代のうちにやるべきこととは?【後悔しない人生を送る方法】

人生
Pocket

28歳となり、30歳目前となった私が、今までの経験を通して、20代のうちにやるべきことや20代終わるまでに個人的にやりたいことをご紹介します。

20代のうちにやるべきこと

こちらは20代のうちにやるべきことをご紹介します。

お金について学ぶ

日本では、お金について学校で学ぶことがないため、自分で学ぶ必要があります

お金の知識をつけることによってこの先にどんな未来が待っているのか、それが勉強する上では大切です。

また、少額でも20代から貯める習慣を付けておきましょう。貯金の習慣は一朝一夕では身に付きません。税金は何をいくら納めているのか、どのように使われるのかなど、税の理解を深めることも大切です。少子高齢化が進む中、今の20代が年金をもらう頃には、社会が大きく変化している可能性もあります。そのときに備え、政府も積極的な資産運用をすすめています。
若いほどその効果は大きく、将来の収入や貯蓄額も増えていくでしょう。

運動・筋トレの習慣をつける

30代以降になると、体力が衰え、今までのように精力的に活動できなくなります。        運動する習慣をつけることで、将来太りにくくもなります。自分の体を鍛えることで、自己肯定感も上がります。
だからこそ、20代のうちに運動習慣をつけ、健康な体を作りましょう。

見た目に投資する

 

  • 歯の矯正
  • 肌のメンテナンス

歯科矯正

日本では八重歯がある人に対してかわいいという印象を持つ人が多いですが、欧米では嫌われている傾向があります。

八重歯はドラキュラや魔女のような不吉なものを連想させるとして、歯列矯正を行う人が多いからだそうです。
さらに欧米では日本のような医療保険制度がなく、治療するのに高額な費用がかかるため、歯の健康に対する意識をとても高く持っている人が多いです。

また、歯並びの良さ=裕福さの象徴とされているため、幼い頃から歯列矯正をさせる親がほとんどだからこそ、歯並びがよい人が多くなっています。
元々日本人は食文化や骨格の影響により顎が発達しにくいせいで、歯並びが悪くなりやすいといわれているそうです。

歯科矯正は、一生モノの自己投資。私は決断するまで時間がかかりましたけど、もっと早くスタートしていればよかったとシミジミ実感しています。。

肌のメンテナンス

人は見た目が9割と言われるくらい、見た目が大事です。歯科矯正同様、肌も汚いと綺麗じゃ見た目の印象がだいぶ変わります。

したがって、肌の手入れをきちんと行い、ひどい場合は、美容皮膚科など行って治療を行い、見た目の印象をあげましょう。

副業を始める

働き方改革が進み、副業をする人も増えてきました。また、最近は新型コロナウイルスの影響もあり、「自宅で副業始めたい」という人もいるでしょう。

副業をすれば収入アップにつながるだけでなく、フリーランスや企業する道も見えてきます。

読書の習慣をつける

読書を習慣づけることで知識の量は増えます。インターネットが普及し、豊富な知識が得られるようになりましたが、結論だけが記載された情報量の少ないものや、情報の出どころがあいまいなものも多いです。本には、結論だけではなく、根拠となる情報も多く記載されています。

また、読書を習慣づけられると、想像力が増えます。映像で見た場合には、状況も音声も想像する必要はなく、すべて受動的なものとなりますが、小説を読む際、描かれている場面は自分自身で想像する必要があります。自分の好きなようにイメージすることができます。また、ビジネス書を読んでいる際にも、自分ならどうするかを考えることで、想像力を養えます。

何でも挑戦し、失敗する

20代のうちに色々挑戦し、思い切り失敗しておくことが大切です。全力で仕事に打ち込んで、全力で失敗しましょう。

30代に入り、部下や後輩ができて他人をマネジメントしたりサポートする立場になると、大きな失敗は次第にできなくなっていきます。

また、若いうちに困難を乗り越える経験をしておくことで、年齢を重ねてから再び大きな壁にぶつかっても、過去の経験から冷静に対処することができます。

「どんな壁でも乗り越えられないことはない」という自信がすでにあるため、慌てたり必要以上に塞ぎ込むこともなくなるのです。

また、失敗は仕事だけでなく、恋愛などにおいても重要です。

若いうちに恋愛で失敗を経験しておけば、その後の恋愛に役立てることができます。運命の人と出会った時に悔いを残さぬよう、若いうちに失敗しておくことはとても大切です。

人生設計を立てる

人生100年といわれる時代、20代はまだまだ序盤です。

仕事に打ち込むのは素敵なことですが、ただがむしゃらに働くのではなく、その先にどのような未来を築きたいのか、将来のビジョンを持つことがとても大切です。

自分の人生で成し遂げたいことや、年齢ごとの目標、たどり着きたい仕事のポジションなど、人生設計を立て、そのためにいつ何が必要かを考えてみましょう。そうすることで、仕事をする意義と人生その時々で大切なことが明確となり、ライフイベントのタイミングを逃すことなく歩んでいけます。迷いや不安が生じたときにも、方向性を見失わずに済むでしょう。

20代終わるまでにやりたいこと

こちらは、個人的に20代終わるまでにやりたいことです。

語学留学をする

日本でも英語は学習できるが、海外に住んで現地で語学を学ぶことで、色々な国の人と触れ、視野や価値観が変わります。

コロナの状況もありますが、少しでも落ち着いたら留学したいと思っております。

1人旅をする

20代終わるまでに是非経験しておきたいのが、1人旅です。思いきって海外に出て、一人で旅し、視野を広げたいです。

まだ時間と体力に余裕のある20代の内に1人旅を経験しておく事で、年齢を重ねた時のいい想い出として残ることでしょう。

親孝行をしておく

30代40代となってから親孝行をしようと思っても、その時にはもう遅かったという場合あるので、できるだけ若いうちに親孝行したいです。

まとめ

20代には、その時しか出来ない事ややっておいた方が良い事があります。

もしも20代をただ何となく過ごしてしまっている人は、今からでも、何か行動に移してみましょう。

明日明後日に結果が出ない事でも、30代になった時に20代の時の経験が生かせる事だってあるのです。

後悔先に立たずです。是非20代の内に色んな経験をして、明るい30代へ一緒に切り開いていきましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました